Wordpress入門

おすすめのレンタルサーバー5選

投稿日:2018年9月14日 更新日:

 

この記事では、おすすめのレンタルサーバーを5つ紹介していきます。

はじめのサーバー選びは、ブログ運営をしていくためにとても大切なことです。

是非、今後のレンタルサーバー選びの参考にして頂ければ幸いです。

1.エックスサーバー

※画像は2018年9月11日時点

エックスサーバーは、高機能かつ料金もお手頃で、そのうえ使いやすく初心者にもやさしいとても優れたレンタルサーバーです。

個人向けレンタルサーバーの中では、不動の人気NO.1のサービスと言えるでしょう。

迷ったらとりあえずエックスサーバーにしておけば間違いはないくらい質の良いサーバーです。

初期費用に3000円掛かりますが、その後は月額1000円で利用でき、価格帯以上に高機能なので、かなりおすすめです。

プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン 転送量目安
X10 3,000円 1,000円 SSD 200GB 無制限 70GB/日
X20 3,000円 2,000円 SSD 300GB 無制限 90GB/日
X30 3,000円 4,000円 SSD 400GB 無制限 100GB/日

また、エックスサーバーの稼働率は99.9%を誇っています。

稼働率99.9%とは何かというと、例えアクセスが一気に集中したとしても99.9%ブログが稼働し続けるということです。

安くて低機能なレンタルサーバーを選んでしまうと、アクセスが集中した時にブログを閲覧できなくなってしまいます。

ですが、エックスサーバーならよっぽどの事がない限り、ブログが閲覧できなくなることはまずないでしょう。

 

※転送量が多いほど、多くのアクセスに耐えることができます。

 

エックスサーバーでは、無料・無制限で独自SSLを設置することができます。

独自SSLとは、簡単に説明すると「http://~~」という形から「https://~~」という形に変えることです。

こうすることによって、「保護されていない通信」から「保護された通信」になり、セキュリティが強化されます。

エックスサーバーでは、この独自SSL化を無料で簡単にできてしまうので、最初のうちに設定することを強くおすすめします。

また、CMS簡単インストール機能もついており、ワードプレスなどを簡単にインストールすることができます。

インストールする時のマニュアルもあるので初心者の方にも優しいサービスです。

2.mixhost


mixhostは、月額880円~という低価格で比較的高機能なレンタルサーバーです。

この料金で利用することができるので、予算を抑えたい方におすすめです。

はじめは安価なプランから始めて、ある程度ブログ運営が軌道に乗ってきたら上位のプランに変更することもできます。

プラン変更は即時変更可能なので、いつでもすぐにプラン変更することができます。

プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン 転送量目安
スタンダード 無料 880円 SSD 60GB 無制限 2TB/月
プレミアム 無料 1,780円 SSD 100GB 無制限 4TB/月
ビジネス 無料 3,580円 SSD 140GB 無制限 6TB/月

機能面は、エックスサーバーに匹敵するとまではいきませんが、それに近い性能を兼ね備えています。

エックスサーバーと同じく99.9%の稼働率を誇り、RAID10構成のSSDでさらに高速化されているので、より快適に作業することができます。

料金をできるだけ抑えて、できるだけ高性能なものを使いたいという方にはうってつけのレンタルサーバーです。

しかし、ディスク容量が少ないため写真や動画を多く載せたい方にはあまりおすすめできません。

3.CPIレンタルサーバー


CPIレンタルサーバーは、非常に高性能でビジネス向きのレンタルサーバーです。

そのため他のものと比べて料金は高めになっていますが、ビジネス品質で高い安定性を誇っており、他のどのサーバーよりも高品質な仕様になっています。

そのひとつの理由として、無制限のマルチドメインを収納しておく方式に違いがあります。

一般的な収納方式は、1つのサーバーの中に無制限にマルチドメインを詰め込む方式を採っています。

一方CPIレンタルサーバーの場合、1つのサーバーの中に収納できるマルチドメインの数が決まっており、その上限に達すると次の新しいサーバーに収納されます。

なので他の一般的なレンタルサーバーより、料金が高く設定されているのです。

プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン 転送量目安
12ヶ月 無料 3,800円 無制限 無制限 無制限
6ヶ月 20,000円 4,100円  無制限 無制限 無制限
3ヶ月 20,000円 4,400円 無制限 無制限 無制限

それに加え、専用のインストーラーを使ったワードプレスの簡単インストール機能も付いています。

また、何かわからないことがあれば24時間365日、電話とメールで対応してくれるのでサポート面でも充実しています。

セキュリティ面においても、SSL化やWAF(Webアプリケーションファイアウォール)など、様々な対策が施されています。

ここで説明した以外にも、もっとたくさんの機能が備わっており、Webサイトを使って本格的にビジネスに取り組もうと考えている方には、かなりおすすめのレンタルサーバーです。

4.ロリポップ

※画像は2018年9月11日時点

ロリポップは、他のレンタルサーバーと比べて料金がかなり安くなっており、誰でも手軽に始められるのでどちらかというと初心者向きのレンタルサーバーです。

エコノミープランやライトプランであれば、かなり安い値段で利用できるので、気軽にレンタルサーバーを借りてWebサイトやブログを運営してみたいという方には最適なプランです。

また、本格的にWebサイトやブログを運営したい方は、スタンダードプランやエンタープライズプランを利用すれば快適に運営することができます。

スタンダードプランは、月額500円というかなり安価な価格ですが、ディスク容量も転送量もそれなりに高いですし、マルチドメインも100件まで利用することができるので、不便に感じることはほとんど無いでしょう。

ただやはり、エックスサーバーやCPIサーバーなどと比べると使いにくいです。

あくまでロリポップは、格安サーバーの部類に入るので、手軽にWebサイトやブログを運営したい方や、まずは安いレンタルサーバーから、という方に適したサーバーと言えるでしょう。

プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン 転送量目安
エコノミー 1,500円 100円 10GB 20 40GB/日
ライト 1,500円 250円  50GB 50 60GB/日
スタンダード 1,500円 500円 120GB 100 100GB/日
エンタープライズ 3,000円 2,000円 400GB 無制限 無制限

5.wpXレンタルサーバー


 

wpXレンタルサーバーは、エックスサーバーが運営するレンタルサーバーです。

このサーバーは、ワードプレスを利用するのに特化したサーバーで、ワードプレスを使う時のみwpXレンタルサーバーを利用することができます。

ワードプレスがより高速かつ安全に動くようにつくられています。

エックスサーバーの機能がそのまま受け継がれ、より高速化されたのがこのwpXレンタルサーバーです。

ワードプレス専用のレンタルサーバーの中では、一番人気のサーバーでしょう。

ワードプレスでしか利用できないのが難点ですが、高性能レンタルサーバーの代表格である、エックスサーバーの機能をそのまま使うことができるので、しばらくはワードプレスを中心に運用していくという意志がある方にはおすすめできるサービスです。

プラン 初期費用 月額料金 ディスク容量 マルチドメイン 転送量目安
wpX 5,000円 1,000円 30GB 10 50GB/日

まとめ

ブログを運営していくにあたって、最初にどのレンタルサーバーを選ぶかはかなり重要なポイントになってきます。

はじめのレンタルサーバー選びは、妥協せずにしっかり情報収集をしてからどのサーバーにするか決めるようにしましょう。

この記事が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

以上、「おすすめのレンタルサーバー5選」でした。

 

-Wordpress入門
-, , , , ,

Copyright© ブログの始め方完全攻略マニュアル , 2019 All Rights Reserved.